岐阜県全域(岐阜市・大垣市など)の設立登記の必要書類作成。株式会社設立特殊法人設立助成金の申請手続き等 起業をお考えの方をフルサポートいたします。
HOME > 会社設立 > 決算月の決め方
  • 離婚相談・協議離婚・公正証書作成
  • 岐阜県行政書士会所属 中村一秀 挨拶
  • 暮らしの情報web版
  • 無料講習会のご案内
  • 中日新聞 教えて行政書士相談コーナー

業務対応地域

業務対応地域

業務によっては全国対応も可能です。
お気軽にお問い合わせください。

岐阜県
(大垣市・岐阜市・羽島市・各務原市・瑞穂市・本巣市・多治見市・美濃市・美濃加茂市・可児市  土岐市・海津市・関市・安八町・神戸町・養老町・池田町・大野町・関ヶ原町・笠松町・岐南町など)

愛知県
(名古屋市・北名古屋市・一宮市・稲沢市・愛西市・岩倉市・江南市・清須市・小牧市・犬山市  春日井市・津島市・弥富市・春日町・七宝町・美和町など)

三重県
(津市・桑名市・いなべ市・四日市市・鈴鹿市・亀山市など)

会社設立

決算月の決め方

商号の決め方写真会社設立をする際に決めるものの一つに決算月の決定があります。
「決算なんていつにしても同じだから、いつでもいいよ」
と思われている方がいらっしゃるかも知れません。
確かに、どの時期に設定しても1年に1回申告を行うことには変わりありません。
しかし、決算にあたり、通常よりも事務作業が増える分、社長や経理担当者の負担が大きくなることがあります。
仮に、決算月を3月とした場合、原則決算月の2ヶ月後、5月31日までに決算申告をおこなうことになります。
もし、税理士事務所などに決算申告を依頼している場合であっても、4月から5月までは、申告に必要な資料を揃えたり、税理士事務所との打合せをしたりと普段よりもやらなければいけないことは多くなります。

さらに税理士事務所などに依頼していない場合は、決算書や申告書の作成、税務署などへ行き提出と、やることはさらに増え、時間も取られます。

決算月が、繁忙期と重なってしまったら、余計に忙しくしてしまし、結果として、社長や経理担当者の負担が大きくなります。

また、個人事業では12月31日と決められていましたが、会社では設立時に好きな時期にできるため、やはり余裕がある時期を選択した方が良いと思います。

上記のことを踏まえたうえで、決算月を決定すると良いでしょう。